睡眠

赤ちゃんを育てるママに、横向き寝促進枕

こんにちは!

大切な赤ちゃんを育てる生活は幸せな一方で悩みも多いはず。

・おむつを替えて授乳もしたのに赤ちゃんが寝ない。

・泣き止まない。

このように様々な悩みを抱え、赤ちゃんについイライラしてしまう。そんなママも少なくないでしょう。

中でも一番大変なのは「夜泣き」ではないでしょうか?

夜泣きは原因がよくわかっていないようなので、これといった解決策もなく困り果てている人が多いと思います。また夜泣きをする期間や月齢も赤ちゃんによってそれぞれ違うようです。

そんな時、解決策のひとつとして授乳をする人はかなり多いと思います。そして授乳の仕方として添い乳をされる方もいらっしゃるのでは?

添い乳とは?

添い乳(そいちち)とは、 ママが赤ちゃんの横に向かい合うように寄り添い、起き上がらずに授乳する方法です。

赤ちゃんと向かい合うように横になったら、赤ちゃんの顔がおっぱいの正面に来るように場所を調節します。上側にくる手で赤ちゃんの頭を支えてあげて、下側のおっぱいからあげていきます。反対側をあげる時は赤ちゃんの下にクッションやタオルを敷くなどして高さを調節してあげて下さい。

注意点はおっぱいをあげる時に赤ちゃんの鼻まで塞がないように注意して下さい。特に上側のおっぱいをあげる時、面倒になって覆いかぶさる様にしてしまうと窒息のリスクが高まりますので気を付けて下さい。

ママの注意点として、添い乳は楽なのでついついしてしまいがちですが、母乳が詰まりやすいママは同じ姿勢でばかりおっぱいをあげていると、同じ乳腺からしか母乳が吸われなくなり乳腺炎や白斑などになりやすいので色々な姿勢であげる様に気を付けた方がリスクが少なくなります。

添い乳が原因で不調に!?

添い乳のとき、ママは横向きの体勢を長時間維持しながら左右のおっぱいを赤ちゃんに飲ませますよね。その際に、【片肘を立てて頭を持ち上げる】【腕枕をする】など、さらに赤ちゃんにとって楽な姿勢になります。

しかし、その添い乳の姿勢が原因で、【首や肩の痛み】【背中の違和感】【腰痛】【腕がしびれる】などの不調を訴えるママが少なくないんです。

比較的楽な添い乳ですが、それが長時間に及ぶとさすがに辛くなってきます。それでも夜中だと、「少しでも体を休めたい」「起き上がるのが面倒」という気持ちもわかります。

赤ちゃんもママも楽ができるのが一番望ましいですよね?

添い乳、横向き寝を促進する「YOKONE3」

添い乳をされる時や横向きに眠る時におすすめなのが、特許申請中の技術で頭、首、肩、腕の4点を支える!「YOKONE3(ヨコネ3)」です。

この枕は横向きに眠る姿勢に特化した枕でとても楽に横向きで眠ることができます。そして添い乳しやすいようにも考えられています。

高さ調整ができる1cmの板と2cmの板がそれぞれひとつずつあるので4段階の高さ調整が可能です。板の無い状態が9cmなので9cm~12cmまで調節ができます。使わない板があればそれを赤ちゃんのクッション代わりにしてもいいですね^^

腕置きが両サイドについていますが、これを気に入っている人が多いようです。それもそのはず、普通の枕で横向きになったら腕の置き場が丁度いい場所というのが意外とありませんよね。しかし特許申請の技術で頭、首、肩、腕の4点を支え横向きで寝た時下になる腕を自然に枕に乗せることができるので、添い乳の姿勢もかなり楽になるはずです。

赤ちゃんもママも楽な姿勢で授乳できるのが一番ですが、先に述べたようにリスクもあります。なので、それらをきちんと理解した上で添い乳を実践してみて下さい。そうすることで少しでもストレスを減らすことになればいいな、と思っています^^

こちら↓↓↓から公式ホームページをご覧いただけます^^

最後までお読みいただき本当にありがとうございました! 

ABOUT ME
ルー
はじめまして。管理人のルーです(・ω・) いろんなものに興味があるのであれこれ紹介します。 読んでもらえると嬉しいです^^