睡眠

睡眠時の熱中症、冷え性対策に「水循環マット」

こんにちは^^

暑い季節や寒い季節にエアコンで室内の温度調節を行うのは一般的ですが、睡眠中にも使用し続けるのは乾燥や電気代が気になって少し抵抗がありませんか?
しかし、夏場は蒸し暑く寝苦しいですし、冬は足先など、特に冷え性の方は体が冷たくてなかなか寝付けなかったりと睡眠時の体温調節で悩んでいる方は多いです。
そこで考えられたのが「水循環マット」です。最近よく見かけるような暖かいベッドカバーやひんやりするベッドカバーに近いですが、それよりも遥かに優秀だと思います。いくつかの項目に分けて説明していきますので参考にしてみて下さい^^


水循環マット

水循環マットは、マット内を温度設定された水が循環することで睡眠時の温度を快適に保つことができるので、朝まで気持ちよく眠ることができます^^

設定温度を保つ

マット内を循環する水の温度は20~48℃に設定することができ、電源を入れている間は設定温度を保つことができるので、夏でも冬でも季節を問わずにその時の気温に応じて温度を調節することができます。
エアコンとは違い風がなく乾燥も気にならないので、エアコンが苦手な方も使いやすいと思います。特に年配の方はエアコンをつけない事が多く、近年高齢者の熱中症が急増しているので、そのような方にもおすすめできると思います。

電気代

自然な体温調節ができたとしても、エアコンよりも電気代が高ければエアコンの方がいいかもしれないです。
公式ホームページによると、エアコンと比較すると夏は約4分の一、冬は10分の1の節電効果がある、とのことなので電気代の節約にもなり一石二鳥ですね^^

使用方法

使用方法は正直に言ってエアコンよりは面倒です(^^;)
まずはマットを使用したい場所に敷きます。ベッド、敷布団、ソファー、カーペットなど基本的にはマットを敷ける場所であればどこでも大丈夫です。
マットを敷いたらチューブをコントロールユニットに差し込みます。コントロールユニットを平らなところに置いたら、給水キャップを開け水を満タンになるまで入れます(水は水道水で大丈夫です)。電源を入れると水の循環がスタートし、タンクの水が減っていくので再度満タンになるまで水を足したら蓋をします。あとは温度を設定するだけです。
また、水の入れ替えは月に一度で大丈夫なので、毎日の手間はそれほどかかりません。

まとめ

メリット

乾燥などによるエアコン特有の体調不良を起こさない。
エアコンが苦手な方、エアコンを使いたくない方や年配の方でも使いやすい。
温度を一定に保つので寝ている間快適に過ごせる。
電気代の節約になる。

デメリット

セットするのが少し手間。
デメリットはこれくらいでしょうか。人によっては他にもあるかもしれませんが、私は思いつきませんでした(^^;)

水循環マットは、お布団はもちろんソファやカーペット、ペット用としても使えるので夏や冬は重宝すると思います。
私はエアコンの風があまり好きではないので、こういう商品があるのはすごく助かります。布団に入る少し前にセットしておけば、冬でも足先まで暖かいので快適に眠ることができますよ^^

公式ホームページからだとお得に購入が可能です。また、購入者のレビューも書かれているので購入前にはそちらも参考にしてみて下さいね^^
↓↓↓から公式ホームページに移動できます。
エアコンが苦手な方に最適!【水循環マット】温度設定やタイマー付きでエアコンよりもエコ!



最後までお読みいただき本当にありがとうございます^^

ABOUT ME
ルー
はじめまして。管理人のルーです(・ω・) いろんなものに興味があるのであれこれ紹介します。 読んでもらえると嬉しいです^^